★ご挨拶とプロフィール

本サイトは日本の伝統音楽である地歌をより深く楽しむためのものです。

掲載している一人弾きは、若いころからの勉強会、演奏会にむけて自主練習した折々に自分用に残してきた音源です。

その楽曲をYouTubeの「地唄三味線おと遊び」にて公開してきました。YouTubeでは一人弾きした楽曲だけでも100曲をこえました。このサイトでは、私、瀬端淑子の一人弾き厳選50曲を中心に江戸中期(1700~)~明治初期(~1870)の時代に作曲された地唄楽曲を以下の形で取り上げ、曲理解を深める場としたいと思います。

以下の形ですすめます。

  1. 地歌とは・・
  2. 曲目50音別索引
  3. 地歌の歴史、作曲家の位置付けと作品一覧
  4. 地歌楽曲の歴史的変遷と作曲家
  5. 地歌楽曲の歴史的変遷と楽曲形式 

古典の地歌楽曲から、昔も今も変わらぬ人の情念、日本の四季折々の風景、風物からの感情の機微、物語人物像からの発想、情愛の様々なとらえ方など、日本の心が楽しめます。

地歌とは、弾き歌いにより伝承されてきた三味線歌曲であり、私にとって、「日本語を語り謡う人の声」と「三味線の音」とのコラボレーションであり、一音一音の音の流れと間を楽しみ味うことでもあると思われます。

このサイトで一人でも多くの方が古典楽曲への理解を深め、楽しまれることを願って居ります。

瀬端淑子プロフィール
・幼少時、岡山にて砂崎澄江先生(宮城会)に箏をならう。
・20歳代に砂崎知子先生に箏、三絃をならう。
・30歳半ばに伊東古扇先生(九州系地歌演奏家)に地歌をならう。
・60歳代に三好芫山先生(都山流尺八演奏家)に古曲合奏を伝授して頂く。
現在、竹糸会(箏・三絃・尺八合奏研究会)にて定期的に勉強演奏活動をしている。

★月替わり楽曲3撰★

由縁の月【Yukari no tsuki 】・・独奏 瀬端淑子

由縁の月の楽曲ページ←はこちらをクリックしてください。

笹の露【Sasa no Tsuyu 】・・独奏 瀬端淑子

笹の露の楽曲ページ←はこちらをクリックしてください。

新娘道成寺【Shin Musumedojyoji 】・・独奏 瀬端淑子

新娘道成寺の楽曲ページ←はこちらを クリックしてください。