地歌。京風手事物。菊岡検校作曲。 小野小町を引き合いにして、今の小町に見立てた廓の女のありさまと心情を歌ったものです。

今小町【Imakomachi】・・独奏 瀬端淑子

【歌詞】

松の位に柳の姿、桜の花に梅が香を、籠めてこぼるる愛嬌は、月の雫か萩の露、(合)

露の情けに憧れて、われも迷ふや蝶々の、恋しなん身のいく百夜、通ふ心は深草の、(合)

少将よりも浅からぬ、浅香の沼のそこまでも、引く手あまたの花あやめ、たとへ昔の唐人の、

山を抜くてふ力もて、(合) 引くとも引けぬ振袖は、粋な世界の今小町。 (手事)

高き位の花なれば、思ふにかひも嵐山、されど岩木にあらぬ身の、(合)

粋な男の手管には、否にもあらぬ稲舟の、沈みやもせん恋の渕、逢わぬ辛さは足曳の、(合)

山鳥の尾の長き日を、怨み喞ちて人知れず、(合)

今宵逢う瀬の新枕、積る思ひの片糸も、解けてうれしき春の夢。

【その他の演奏形式】

    二重奏(三絃・尺八)~https://youtu.be/NIpCjvXEUyQ

    三重奏(三絃・箏・尺八)~https://youtu.be/Mb4zKPNErro