地歌(地唄)、京風手事物。 石川勾当作曲。「石川三つ物」の一つ。「衣」の含まれる和歌5首をそのまま四季の順に並べ、歌っています。手事では、砧や虫の音を表現しています。 季節と衣の移り変わりに、人生の移ろいを重ね合わせた味わい深い曲です。

八重衣【Yaegoromo】・・独奏 瀬端淑子

【歌詞】

君がため 春野に出でて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ

春過ぎて 夏来にけらし しろたへの 衣ほすてふ 

天の香具山 みよしのの 山の秋風 小夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり

秋の田の かりほの庵の とまあらみ わが衣手は 

露にぬれつつ きりぎりす 鳴くや霜夜の さくしろに

衣かたしき 独りかも寝ん

【その他の演奏形式】

    二重奏(三絃・尺八)~https://youtu.be/aM6bO7wxoZs

    三重奏(三絃・箏・尺八)~https://youtu.be/i-FDBHURoU8

    三重奏(三絃・箏・尺八)~https://youtu.be/fl7MneFakXw

    二重奏(三絃本手・三絃替手)~https://youtu.be/m1qsqVC4Lr4