地歌。手事物。獅子物。峰崎勾当作曲。替手手付は石川勾当。伊勢物語の有名な業平の東下りから題材を取り、男が業平気分で江戸で遊び、別れ際に扇をかざして獅子舞を舞う内容です。獅子の狂いの乱れに、恋の狂乱を重ねて華やかな手事を展開させます。

吾妻獅子【Azumajishi】・・独奏 瀬端淑子

【歌詞】

昔より、言ひ慣はせし、東下りのまめ男。慕ふ旅路や、

松が枝の、富士の高根に白妙の、花の姿に吉原なまり、

君が身に添ふ牡丹に馴れて、おのが富貴を花とのみ、

やたけ心も憎からず、思ひ思ふ千代までも、

情けにかざすきぬぎぬの、糸竹の心みだれ髪。

うたふ恋路や露そふ春も、呉れ竹の、かざす扇にうつす曲、

花やかに乱れ乱るる妹背の道も、

獅子の遊びて幾千代までも、 変らぬ色やめでたけれ。

【その他の演奏形式】

    一人弾き(三絃替手)~https://youtu.be/VCRVt5ZCu7E

    三重奏(三絃・箏・尺八)~https://youtu.be/efuFZlja0qU

    三重奏(三絃・箏・尺八)~https://youtu.be/o0-dEHCqK2g