地歌(地唄)。京風手事物。松浦検校作曲。「松浦四つ物」の一つ。秋の夜更けに月を眺めながら、別れた恋人を思う心を歌っています。全体的に低い音で構成され、しっとりとその心を映し出しています。

深夜の月【Shinya no Tsuki】・・独奏 瀬端淑子

【歌詞】

山の端に 一行(ひとつら)見ゆる初雁の 声も淋しく徒に 言葉の人心

飽かぬ別れの悲しさに 夢現にもその人の 知らぬ思いの涙川 

映す姿や鐘の音に 空飛ぶ鳥の影なれや [手事]

それならで 恋しき人は荒き風 憂き身に通る烈しさは 君に恨みはなきものを

小萩に置ける白露の 砕けて落つる袖袂 思う心の絶えだえに

虫の声ごえ冴え渡る 鳴く音 更け行く秋の夜の月

【その他の演奏形式】

    二重奏(三絃・尺八)~https://youtu.be/IuC6TOqtM7M

    二重奏(三絃・箏)~https://youtu.be/bUZN81bFDF0

    三重奏(三絃・箏・尺八)~https://youtu.be/51YknHOqntE