地歌。本調子端唄物。鶴山勾当(1680?~1740?)作曲。 思わぬ人に身請けされようとしている遊女が、わが身を月影に寄せて、今は昔の想い人への心情を歌ったものです。

由縁の月【Yukari no Tsuki】・・独奏 瀬端淑子

【歌詞】

 うしと見し 流れの昔 懐かしや 可愛い男に 逢坂の 関より辛い 世の倣い(ならい) 思はぬ人に せき止められて 今わのさわの ひとつ水 すまぬ心の 中にもしばし 住むはゆかりの 月の影 さびて映す 窓のうち 広い世界に 住みながら 狭もう楽しむ まことと誠 こんな縁(えにし)も 唐にもあろか 花咲く里の 春ならば 雨も薫りて 名や立たん

【その他の演奏形式】

    二重奏(三絃+尺八)~https://youtu.be/aby9JZH4dag