地歌。手事物。松浦検校作曲。正月の若菜摘みの情景を詠ったものです。 歌の節使いに特徴があり、声明の節使いを取り入れたとも言われています。前歌の最後と後歌最後の旋律とが共通している。

若菜【wakana】・・独奏 瀬端淑子

【歌詞】

年はまだ、幾日(いくか)もたたぬささ竹に、  今朝そよさらに春風を、われ知り顔に鶯の、

もも喜びの音を立てて、  うたひ連れ立ち乙女子が、摘むや千歳の初若菜。

若菜摘む手のやさしさに、  梅が枝に囀づる百千鳥(ももちどり)の声添へば、

 色さえ、音さえめでたき。

 【その他の演奏形式】

    二重奏(三絃・箏)~https://youtu.be/0s90J3Re5dY

    三重奏(三絃・箏・尺八)~https://youtu.be/MIBahBAM6eA