地歌。端歌物。歌木検校(1720?~1790?)作曲。男に捨てられた女が、人の心がなんと変わりやすいものかと嘆き、自分の境遇とは異なり、露を慕う可憐な蝶の恋を羨ましがり、涙にくれるわが身の情けなさとやるせなさを歌ったものです。

露の蝶【Tsuyu no cho】・・独奏 瀬端淑子

 【歌詞】

 世の中は 何に譬えん飛鳥川 

 昨日の淵は今日の瀬と 変わり易さよ人心 

今は 此身に愛想もこそも  月夜の空や鳥鐘を

恨みしことも仇枕(あだまくら) 

 憂きを知らすや草に寝て 花に遊びて 朝には露に養う蝶々の 

身ぞ羨まし味気なや 思い切りなき女子気の涙に浸す袖 袖枕  

【その他の演奏形式】

   二重奏(三絃+尺八)~https://youtu.be/LLCmhkJJIo8